☆☆★

ハイシーズンは春、だけどメバルは1年を通して釣れます!

メバルのハイシーズンは、春告魚と呼ばれるように春の3~5月になります。
ですが、釣り易さの難易度は違えど、メバルは1年を通して釣ることができます。
また、冬に接岸してくる珍しい魚でもあり、獲物が少ない冬にも釣れる、釣り人に心強い魚でもあります。

メバルのことを知れば、活性が下る暑い夏や寒い冬でも釣り上げるチャンスが多くなるので、季節ごとのメバルの様子を見ていきましょう!!

『春:3~5月』もっともメバルが釣りやすい時期!

メバル 春 プラグ

冬の産卵時期を迎え体力を消耗したメバルが、水温の上昇とともに再び活気付き始める時期です。
積極的に小魚を追いかけ始め、徐々に浅いレンジで釣れるようになり、活性は5月に最盛期を迎えます。

リールを巻くだけのリトリーブ(ただ巻き)するだけでも釣れ、初心者がメバリングを始めるにはとても良い時期です。

3月
少しずつ水温が上がり始め、産卵期後におとなしかったメバルが活動し始める時期。
寒さも緩み、釣り人にとっては良き時期が始まっていますが、それでも水温はまだまだ低くメバルの動きは鈍いままです。
メバルが付いていそうなボトムのストラクチャや壁際のポイントにワームを落として誘う釣りが効果的なイメージです。

4月
水温も上がってきて、メバルの活動が活発になってくる時期。
エサを求めて浅いレンジまで浮いてくるので、ジグヘッドとワームの組み合わせだけでなく、プラグを使っての浅いレンジを攻める釣りが増えてきます。

5月
サイズ、数ともに伸びる最高の時期。
夜、暗くなり浅いレンジに浮いてきたメバルは、活発にエサを求めており、とてよく釣れます。
浅いレンジ→深いレンジへと順に攻めることが多いですが、プラグで浅いレンジを攻めたときの反応が良いイメージです。
この時期、尺メバルをゲットしたいですね!






☆★☆

『夏:6~8月』じょじょに釣れなくなる時期・・・

メバルは高水温を嫌い適温を求めて沖へと移動するため、小型のメバルが多くなる時期です。
そのため、水温の上昇とともに春ほどの釣果は望めなくなってきます。
少しでもメバルの活性を求め、雨が降った翌日、影になっている場所や潮通しの良い場所、ナイトゲームなど、水温が下る時間や場所を狙うのがポイントです。

6月
ピークを終え、水温がメバルの適温より高くなり始めてだんだん釣れなくなる時期。
水温が下がったタイミングで活性が上がる可能性があるため、雨の後が狙い目。
まだまだ数が釣れるチャンスあり!

7月
適温を超え、メバルのオフシーズンが始まる時期。
適温を求めて沖の深場へ移動し始めるため、特に良型は釣りにくくなります。
それでも岩や海藻の影や、少しでも水温の低いポイントを攻めることで、小型のメバルは釣れることもあります。

8月
水温が非常に高くなり、メバルも非常に釣りにくい時期。
雨の後や潮通し良い場所など、水温が下がる時間やポイントを狙いチャンスを掴みましょう!
または、深場を攻めてみるのもアリです。
それでもダメなら、他の魚を狙うのも一考かもしれません・・・(>_<)

『秋:9~11月』復調の兆しが見え始める時期

夏に続き水温が下るまでは小型のメバルが中心となります。
水温が下りメバルの適温に近づいてくる時期なので、ルアーのサイズを少し大きくするなどすれば、良型のメバルも狙えてきます。

9月
昨今は残暑が厳しく、また、水温は最高温度を記録する時期。
そのため、まだまだオフシーズンと言えます。
8月に続き、深場や潮通しの良い場所などを狙いましょう。
まだまだ厳しい時期です。

10月
少しずつ水温が下がり始める時期。
しかし、メバルにとってはまだまだ水温は高いため、深場に移動したメバルは戻っていないため、サイズも小型で、数もまだまだです。
それでも、水温の低くなりやすいポイントを狙えば可能性は十分あります。

11月
水温がメバルの適温15度前後に近づき、沖の深場に移動していたメバルが接岸してくる時期。
まだまだ寒さもそれほどでもなく、型の良いメバルも期待できはじめる、釣り人に嬉しい月といえます。
メバルが付いていそうなボトムのストラクチャや壁際を狙っていきましょう!






☆★★

『冬:12~2月』産卵前の狙い目の時期!

水温が適温になり、産卵に向け沖からメバルが接岸してくる時期です。春に続いてのメバルのシーズンですが、産卵を終え体力が消耗したメバルが増え始めるので、徐々に釣果が落ちます。

水温も適温を下回るので、夏とは逆に温排水が出ているなどの水温が少しでも高いポイントを狙うのが釣果のコツです。

メバル 冬 ワーム ジグ単
12月
水温もメバルの適温となり、また産卵前に大食する時期。
春ほどではないですがメバルの反応は良く、壁際やストラクチャを攻めれば、必ず釣れるといえるほどです。
プラグよりは、ジグヘッドとワームでボトム付近を攻める方が釣れているイメージがあります。
多くの魚と違い、メバルは寒くなると接岸してくる珍しい魚です。
ありがたく釣りを楽しみましょう!

1月
水温が下がるとともに産卵期が始まるため、なかな釣れなくなる時期。
産卵で体力を消費したメバルは反応も悪くなり、途端に釣れなくなります。
それでも暖かい日や、温排水などが流れ込み少しでも水温の高いポイントを見つけることが釣果につながります。

2月
引き続き産卵期であるため、なかなか釣れない厳しい時期。
1月と同じく、少しでも水温の高いポイントを探すのが釣果への近道です。
寒さも厳しい季節なので、防寒対策もしっかり行いましょう。
また、メバル保護のため、抱卵したメバルはなるべくリリースして欲しいです。






★☆☆

メバルを釣るお勧めの時間帯は?

メバリングのイメージの通り、メバルは夜行性の魚です。
夜になると積極的に捕食し始めるので、やはりナイトゲームがおすすめです。
また、夕マズメや朝マズメも狙う価値があります。
陽は登っていませんが、明るさがあるので、ナイトゲームよりも手軽で安全にメバルを狙うことができます。

また、日中のデイゲームでも釣れないことはありません。
ただし、海底付近にじっとして活性も低い場合が多いので、ナイトゲームよりも難しくなります。

ある釣り人Sある釣り人S

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
あなたが幸運な釣りライフを送れますように!
トップページへ